【imr】

house imr ヒバルコテージ

 

休暇小屋のような、静かな時間が流れる場所。
寝て、食べて、二人の会話が楽しめる場所。
そうしたシンプルな生活を形にすること。

【imr】は素案となる最小限の住宅プランに、暮らしの要望と敷地特性を、少しだけ加える設計手法でつくられています。
ですから、あまり広くはありませんが、余裕のある天井高さは伸びやかさを感じさせ、節約した面積は良質な素材へと変換され、深みのある空気となって生活を支えます。

私たちは、この住宅を土地にあやかり、ヒバルコテージと名付けました。

 

 

 

imr01
南側正面より全景。

 

 

 

imr13
門柱とベンチ塀。

 

 

 

 

imr02
玄関よりLDKを見る。

 

 

 

imr03
LDKを見る、南側の開口部は閉じ気味に。

 

 

 

imr04
ダイニングとキッチンのシンプルな関係。

 

 

 

imr06
2階のホビールームを見る。

 

 

 

imr10
吹抜よりLDKを見る。

 

 

 

imr08
奥の和室は寝室を兼ねている。

 

 

 

imr09
和室よりLDKを見る。

 

 

 

imr10
南側正面より夕景①。

 

 

 

imr11
南側正面より夕景②。

 

 

 

imr12
夕食の風景。

 

 

 

 

 

house imr ヒバルコテージ
場所:福岡県福岡市
コーディネート:プロトハウス事務局
設計:人の力設計室
施工:眞鍋建設株式会社
写真:針金洋介

→【ymg】
→【isd】